スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

安積国造神社、大鏡餅を奉納

郡山市の「安積国造神社」で28日、正月を迎える恒例行事「大鏡餅奉納式」が行われ、直径約90センチ、重さ約100キロの巨大な鏡餅1対が供えられた。
来年の五穀豊穣、無病息災を願い、毎年師走の28日に行われている。雪が降りしきる境内で、夜明け前から氏子や地元町内の子どもたちが杵と臼を使い、かけ声を上げながら餅つきを開始。3時間がかりででき上がった二段重ねの大鏡餅は、男性8人が担ぐ紅白の神輿2台に載せられ、拝殿に運び込まれた。来年1月11日に鏡開きが行われ、雑煮やあんこ餅として、同神社付属の幼稚園児たちに振る舞われる。
スポンサーサイト
2008/12/30(火)

| 東北経済関連情報TOP |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。