スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

法蓮寺の向拝

塩釜神社の別当寺として江戸時代まで栄えた法蓮寺の玄関部分の向拝が、明治維新の廃仏棄釈から130年以上の時を経て、宮城県塩釜市に戻ってきた。向拝は多賀城市の寺からNPO法人みなとしほがまの仲介で、日本酒醸造元である株式会社佐浦の塩釜市本町の新社屋玄関に移築された。
スポンサーサイト
2008/09/22(月)

| 東北経済関連情報TOP |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。