スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

一関厳美町、四つ葉クローバー出荷

ホワイトデーや卒業式を前に、岩手県一関市厳美町の農業佐藤修司さん方で、幸運を呼ぶとされる四つ葉のクローバーの出荷がピークを迎えた。
多葉性のクロバツメグサで大きさは1センチほど。濃い紫色でハート形の愛らしい葉が、直径10センチの鉢に満ちている。
スポンサーサイト
2009/02/27(金)

松島・瑞巌寺「平成の大修理」

宮城県松島町の瑞巌寺は16日、創建400年に合わせて実施する大修理の計画を発表した。国宝の本堂の拝観は8月末で中止となり、2016年3月まで非公開になる。その期間は国宝の庫裏のほか、伊達政宗の正室愛姫の霊屋「宝華殿」を初めて公開する。
瑞巌寺本堂は政宗が1604年から約5年の歳月をかけて完成させた。2003年の三陸南地震と宮城県連続地震で壁などに被害を受けたため、「平成の大修理」に踏み切った。一部は08年11月に始まっており、17年11月まで続く。
総工費は14億6000万円。本堂は屋根瓦や土壁、建具などを解体し、柱や梁は残す。敷地で発掘調査をした後、本堂を持ち上げ、基礎と柱を修理。組み立てて、漆を塗り直す。
国宝の廊下も部分解体する。重要文化財の中門は本堂への資材搬入のため解体し、重文の御成門は屋根をふき替える。
大修理中、本尊や政宗の大位牌などは大書院で公開する。初めて公開される宝華殿は、06年から3年間で黒漆や金装飾を復元して、桃山様式の豪華な姿に戻したという。
2009/02/17(火)

| 東北経済関連情報TOP |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。